読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幻日 ~ 翡翠の花。

日々の想いや出来事、過去の話やエピソードを綴る。 28才、男の REAL な叙情詩。一語一句を読み逃すな。

大阪凱旋 ~ 真冬の乱.

前回の 続き。

地元・奄美から 伊丹空港に降り立ち

今、住んでる街への 帰りがてら

約1年ぶりに 浪速・大阪凱旋!!

先ずは バスで 天王寺へ~

久しぶりの天王寺.. 一時期は毎週、来てたなっ

懐かしさに浸りながら 人混みの中 構内を進む。

今回は キャリーバッグがあったので

生まれて 初めて、コインロッカーを利用!

やっぱ 幾つになっても 俺は 手ぶらが好きw

そんで 超懐かしい 阪堺電車(チン電) に乗り込む。

二年程前から 走り出した ニュートラム

たまたま、乗る! ゴージャス感があり 真新しく

同じ チン電 とは 思えん内装やスケール。

なんか 得した感じw

終点の浜寺公園(國立公園)駅まで 眠たかったが

久しぶりに浜公に行ける! と 興奮して..

寝付けんかったw

着 やっぱ、良い 最高やー♪

浜公には たくさん、思い出があるし

大阪で一番 好きな場所かもしれん。

BOXER の頃 毎日 この場所を走った

夏には 野外プールで バイトもした

昔の女とここで 待ち合わせした

初夏に 先輩と 酒を呑み明かした

春には 大人数で BBQ をして 真っ昼間から

ここでベロンベロンになったw

何時 来ても 浜公は俺を癒してくれる。

何時も 俺に 力をくれる場所♪

ゆっくり、歩き 久しぶりに ここでくつろいだ

次に徒歩で 鳳・地区へ..

鳳に行くと 何時も 感情がグチャグチャになる..

喜怒哀楽 全てが混ざり合い 解らんくなる..

けど、安心した ここだけは変わらん。

だんじり発祥の大きな下町。

一際、異彩を放つ 街。

昭和が色濃く残る、街。

全てが あの頃のまま 夕陽に照らされた

街並みをボーッと観てると 不意に泣きそーに

なった 雨が降りだす 長居したら、アカン..

やっぱ 感情が解らんくなるから。

駅に入り 行き着けやった うどん屋へ

変わらぬ店内と 入れ替わった店員。

肉うどんを頼み 天カスをドカ入れしてw

食す あーこの味や! あの頃の味や!!

ゆっくり 一服し 電車に乗る為

浜公前まで、戻る。

電話が鳴る 大阪の先輩から

近くにいたので 急遽、会う事に。

一年ちょいぶりの再会 先輩は髪を伸ばしてた

痩せてた.. 俺はかなり太り 珍しく髭を剃ってたww

公園で呑み 一緒に歩いて 石津川

昔、バイトしてた店の前を通り テキトーにノリで

海鮮居酒屋へ アレコレ、話す

魚について 熱く、語るw

そんで 一緒に電車へ乗り込み 天王寺へ → 逆戻り

沖縄居酒屋を探したが 潰れたんかw 見当たらず

新世界へ 24hの串カツ屋へ向かう。

途中 飛田を周遊し 香港人に話し掛けられ

英会話して♪

串カツ屋へ 入店。

串カツは美味いが 重い.. 呑み放題にして

呑みまくるw

〆は ミナミへ 繰り出す。

千日前 ~ 心斎橋 ~ 宗右衛門を 練り歩く。

久しぶりに観る 大都会の繁華街に 興奮!

数年前は入り浸り フザけた日々を送ってたw

あの頃を あの日を思い出しながら 確認する様に

歩く 雨が降りだし 豪雨に変わる。

傘を差しながら 大阪を満喫♪

やっぱ 大阪は 意外と 雨が多いっ

雨が似合う街やと 思う。

ブラブラして すっかり 朝方になり

ラーメン屋へ ブラリと入る。

『浪速とんこつ』を推してる、店。

何や、ソレw ラーメン文化ないやろww

と 思いながら 食べると 意外とイケる!

チャーシューも 多くて 嬉しい♪

更に FACEBOOK で CHEK IN すると

トッピングが一品、無料になる SYSTEM で

煮たまご GET !

朝になり 難波まで 先輩を見送り

俺は地下鉄で 天王寺

キャリーバッグを取り出し マン喫へ

シャワーを浴び 爆睡。

しかし 二日酔いも無く 良好♪

昼前に 環状線で 大阪駅に向かい

長い待ち時間を経て 高速バスに乗り込む。

夕方に 自宅、着。

大阪を離れたくなかった 出来れば

何泊でも ずっと ずっーと 居たかった。

仕事さえ 無ければw

けど + になった 刺激になった。

大阪、最高や また、近い内に

いくで~♪

  • 終 -

奄美凱旋記~飛翔

最近 2年半ぶりに地元・奄美に帰ってた。

冠婚葬祭で。。

久しぶりに家族に会い 家族、四人が揃い

久しぶりに地元のツレと会い 呑みに行き

触れあい 自分の原点を観た。

中でも 一人のツレとの再会にやられた。

中学が一緒で 同じ、バスケ部で汗を流し

高校から離ればなれで 大人になってから

大阪でよく、遊んだ。 よく、泊まりに行き

ある正月は ずっーと、二人で過ごした。

そんなツレと 二年半ぶりに再開。。

見た目は変わらず けど 中身は成長していた。

色んな話をしながら 近況を報告しながら

呑み屋をハシゴしたが 全部、払おうとする。

俺も払う! と言っても 断固として、聞かない。

俺がせっかく 帰ってきたからって..

お互いに良い方向に変わろーとか

成長しよーとか

約束した。

次、会える日が楽しみで

次は 俺が必ず 奢り返すと

言葉を交わして 別れた。

帰り道 俺は 自分が 情けなくて 悔しくて

たまらなかった.. 自分を痛い程

殴りたかった。

TAXI で帰る予定やったが 自分に厳しく と

歩きたくなった。

長い道のりを歩く 懐かしい景色と風が

身体を 包み込む。

原点を確認しながら 歩く 只、ひたすらに。
  
約束は必ず、果たす 男やから。

そして 親戚達にも 再会し 言葉を交わした。

家族で 飯を食いにも 行った。

大好きな自然にも触れあい

川に行き 海に行き 山に行き

危険な酷道を 登ったり 下ったりw

中でも 親父が テナガエビを食べたいと言うので

網とバケツと餌を持って 川に繰り出す。

たった、一人でw

けど、それが良い 集中出来るし ぶっちゃけ

好きな事は なるべく、一人で行いたいし

誰にも 邪魔はして欲しくない。

エビを求め 上に、上に ひたすら、登る。

南国なので 汗をかく、暑い.. 暑すぎるw

終盤 草をかき分け ハブに注意しながら

危険な沢に降りた 。

川の音 鳥の鳴き声 清涼感 時折、吹く風の音。

此処には何も要らない 最高の BGM がある。

そこで大量にエビを獲った! ざっと、40匹位♪

大人の手の平サイズのモクズガニ

生け捕りにしたw

沢に降りた意味はあった 地上と川との落差が

物凄く もし、足を滑らせれば

最悪、死.. 良くて、大怪我 そんな危険極まりない

場所やったが.. 結果的に 大漁!! 正に

『虎穴に入らずんば 虎子を得ず。』

まぁ 家族、四人には 充分な量だ。

それを cook pad を見ながら、調理する。

結果 親父よりも 姉ちゃんがハマり

食いまくってたww

で 中・高の同級生にも 再開した。

影があり 苦労や葛藤が見て、とれた..

けど 話してると 10年前に戻れた。

幼なじみにも再開した 謎の流れで 倉庫に行き

二人でひたすら TRAINING したww

まぁ 酒を毎晩、呑み 死ぬほど、飯を食い

濃い 四泊五日やった 氣がする。

まぁ ツレ等に刺激を たくさん、もらった。

だから それは何時か 返さんとな。

皆、地に足を着けて 頑張ってた。

ぶっちゃけ 帰る前は 面倒くさかった。

二年半ぶりに帰って 何を 誰と 何処で..

言い様の無い 嫌な 変な感情があった。

結果 精神的な収穫は大きく 皆の顔を 元気な姿を

見れたから 良かった。

次は 今年の夏に 帰ると 決心し それまでに

俺も 踏ん張らな 男を磨かな 向上せな

しゃーない。

自分の人生は 自分、次第で 変えられる。

もし 環境や 周囲が悪くても 辛くても 

それが現状で それすら、自分が引いたカードで

逃げんと 責任を負うしかない。

絶対に ほんの、少しでも 下がったら イカン。

下がらなければ 必ず、流れは変えられる。

そして 何時しか 流れを創る 力が身に付く。

次、帰る時は より、大きく 強く 逞しい

男になって また、原点に回帰する。

追記 帰りの空港で 親子三人でレストランに入り

昼真っから ビールをジョッキ二杯 呑み干し

母親に 呆れられたw

  • 終 -

暴風 ~ 心情.

誰も居ない 荒野に 咲く

一輪の蒼い花。

野晒しになり 暴風に吹かれ 雨に打たれ..

ながらも 懸命に 根を張り

ただ 凛として 其処に存在する。

美しさ と 汚さは性。

寒さに震え 時間に追われ

体調を崩し 自分を削り

生活の為に 今日を 生きてる。

肝心な所で また、保身に走る。

自分、可愛いさ からか?

否 拒否されるんが嫌やから

失敗するんも怖いから..

只 自らを 責めた。

結果 より、大きくなって 立ち上がる男。

生きてる内に 喜怒哀楽 全てを腹いっぱい

味わいたい。

だから 喜びや楽しみは勿論

これからは 哀しみも 怒りも想定内。

今までの自分と 決別したから

これからの自分を 慈しむ。

無駄を削り切る 行為に没頭する。

それは 自らを磨き上げる作業。

まるで 研ぎ澄まされた 孤高の BOXER.

ひっくり返す 自信は有る。

生きてく糧は たくさん、有る。

退けん理由も 存分に、有る。

用意した策も 無数に有る。

勝機なら 充分に有る。

最期に 笑う 必要性も大いに有る。

惰性で生きてる人間なら 腐る程、見てきたが

堕落した自分だけは もー、見たくない。。

から 自分を変える為

明日を変える為 

眺めを変える為

毎日毎晩 挑戦してく 登攀者。

  • 終 -

最近について 3.

最近、起きた事や想いについて書きたい。

先ず、土曜は斬髪に行った!

行ったら まさかの閉店作業。

『19時で閉店なんです、スイマセン。

もーレジも閉めたんで..』

『閉めんの、早ない?』

と 言いながら 憤りを感じながら

別の店へ 張り紙が 「18時閉店 定休-日曜」..

ナメとんか!! 仕方なしに横のコンビニに行き

買い物を終え 一服していると 話しかけられた。

初老のオッサンに 何度か顔を合わせた事がある

から 近所の人やろー けど、喋るのは初めて。

『兄ちゃん、寒いやろ? 奢るから、コーヒーでも飲もうや。食べ物もええで。』

何と LAWSON の EAT IN CORNER で 奢るから

飲み食いしよーと言い出す..さすがに

周りの眼もあるので 断ると 寂しげな顔してたw

その瞬間 思い出した。 昔、一番金が無かった頃

よく、西成に行った。 行き付けの店(呑み屋)

に行き 一人で呑んでるオッチャンを探し

話し掛ける 会話を盛り上げ ある方向へ

誘導していく。

『兄ちゃん、オモロイな! 今日は俺が奢ったるから

もっと 呑めや、食えや~』

これが成功すると クセになり しょっちゅう

やってたw そんな事は此処、数年やってないが

そんな感じのモノが出てたのか? と、想ったw

まぁ この先、万が一 窮地に陥れば またアレを

やらざるを得ないがw

その後 ハローズに行き 酒やら夕飯を買い込んで

帰宅。 続いて、日曜 昼過ぎにゆっくり、起き

斬髪に行こーとしたら NHK でやってた

『洞窟おじさん。』 が、オモロすぎて 二時間

熱中してしまった。 リリー・フランキーが妙に

役にハマり 見終わると、夕暮れ時になってた。

そっからやっと、髪を切り 一旦、帰宅。

物凄い冷え込みやったので もー出たくなかったが..

重い腰を上げ 日曜、恒例のランドリーへ。

しかし、ランドリーを出る瞬間

(今週が終わった 明日から新しい1週間や。)

と実感するから やはり、恒例である。

で 昨日は仕事し フラフラと浮遊し 帰宅

帰宅中に アイスを買い 食べてたら 喉に詰まり

頭がキンキンして 呼吸が困難になり 死ぬかと

想った アイスが原因で死ぬ 何て、間抜けすぎる..

まぁ 死ぬ訳ないがw

で 好きな 洋楽の話になるが MEEK MILL の

比較的、新しい楽曲 『BLUE NOTES.』 を

聴いてみた。 あの JAY-Z の名盤 『BLUE PRINT.』

を意識して 創ったのは明らかだが 聴くと 最高に

良い♪ 彼独自の FREAKEY な FLOW と ACCENT が

炸裂し 耳に馴染みやすい! まぁ 英語が理解出来ない

人には 解らないと想うがww

後 SKYLER GRAY にハマっている。

彼女の歌声は優しく 往年の COUNTRY の様な

歌唱法だ。 癒される音楽は 重要である。

歌声、一つで 人を癒したり 勇気付ける事は

並大抵では無い。 誰にでも、出来る訳じゃない。

それがプロで アマとの 明確な線引きやと想う。

今の少年・少女達に 洋楽を聴いて 英語を覚えろ!

学校の教科書や参考書何かより 遥かに

ラクに、楽しく 覚えられる。 

覚えられる上に カラオケでも 披露出来る。

今後 母国語だけではキツい 英語は必須に

なってくる。 日本人でも 英語が喋れるだけで

交流の幅が 半端なく 拡がる。 英会話は楽しい。

異国の人間と話し 打ち解けた時 それは自分の

経験値として 大きな + になる。 俺はこれまで

たくさんの国の人々と 英語を通し 話し たくさんの

事を学び 教えられた。

まぁ 時間が無いから 今日はこの辺に!

GOOD CHILL & GOOD NIGHT ♪

  • 終-

冬景色 ~ 立春、朝搾り

粉雪 乱舞


大浴場 1.5h ご満悦


麒麟、瓶ビール 旨し


癒しの庭園喫茶 


お勧め キリマンジャロブレンド


また お香が舞う ユーカリの匂い


朝露を吸って 草木が光る


早朝の極寒が 体温を奪う


SLIP したい あの、真夏まで


眩ました姿 未だに行方不明


地下鉄の切符だけが 現場に残る


夜に紛れ 夜を越えながらも 


未明に消える 魔物


暗黒の摩天楼 それ、即ち LAND TOWER.


病んだ街 住人の行き先 郊外


新米で創られた日本酒 口当たりは爽やか


辺りに香りを発しながらも 翌日に残らない。


観たか? 見られたか? 表裏一体


双方 合意の上。


あの日の残像 月日が経てど


想いは消えない 滲まない..


また、逢える日まで。


空を観る 落ちた、星


背後から 離れず


ただ 時を刻む。

  • 終-

食について。

今回は食について、書きたい。
その 前に
昨日は100均に行ったり 薬局に行ったり
スーパーに行ったり 買い出しして
そして 毎週 日曜、恒例
コインランドリーへw
入店すると、今までに無い位 全マシンが
フル稼働w
そー考えると 自分も含め 洗濯機を所有しない家庭は多い。 幅を取るし、引っ越しの際に邪魔になる..
以前、持っていた洗濯機は 引っ越しの際に処分した。
一回のランドリー代が 400円(洗濯・乾燥合わせ)
なので 月で 1600円。
リーズナブルやと思うし、ランドリー独特の匂いや雰囲気が嫌いじゃない。
毎週通っていると、顔馴染みも出来てくるw
このランドリーは某高校の近くなので、部活終わりの高校球児が数人でやってくる。
チャリンコにバットを持ってww
けど、さすがは高校球児 礼儀正しく、シャキッとしてる。
女の客何かは少し 怖がってる感じだが
俺から観れば、全員坊主頭の少年達は可愛らしいw
学生時代、毎日バスケ(部活)に明け暮れたあの日の自分を思い出す。
本題に移ろう。
食に関しては、拘る方やと思う。
と言っても 年中、好きなモンばっかり食ってるだけw
今日の献立は大好きなホルモンとカップ焼きそば+出来合いのポテサラ。
ホルモンは三種(シマチョウ、アカセン、黒センマイ)
しっかり余分な水分を取り
今回は購入してから時間が経ち、匂いがキツかったので
ニンニクをみじん切りにし、二つを強火で炒める。
焦げ目がついた位で、野菜MIX(人参、シメジ、白菜、キャベツ)を投下し塩で味付けしながら中火で具材を絡める。
その間にタレを作り、終盤にタレを投下。
香ばしい匂いが立ち込め、皿に移す。
最後に最近 愛用しているイカ天入り天カスを散らし、完成!
食べると、ニンニクがアクセントになり
コリコリのホルモンと旨味が出た野菜の相性は抜群!
それをベルギー産のビールで流し込む。
最高や~
たまらん! ホルモン旨し♪
明日は鍋にしよー
日本酒にしよ~
贅沢は言わん。
飯が美味ければ 酒が美味ければ
俺は幸せを感じる。
今はまだ それだけで充分。
今日から、また
1週間 頑張る♪

  • 終 -

格闘技について。

今回は格闘技について、書きたい。
格闘技は大好きで、自身も空手(極真・伝統派)
ボクシングをしていた。
だから、知識や経験はそれなりにある。
最近 Youtube を見ていたら
大分、前の試合動画に行き着いた。
それがメチャクチャ、面白かった。
アンドレイ・コピィロフvsマリオ・スペーヒー
コピィロフはコマンド・サンボの達人で
スペーヒーはブラジリアン柔術の達人。
まず、サンボには二種類有る。
スポーツサンボはロシアの国技であり、子供が多く習う競技だ。
コマンド・サンボは旧ソ連の戦場の使われた実戦的なロシアン・武術。
元々、ミリタリーも好きなのでコマンド・サンボ(別名・システマ)には興味がある。
あのヒョードルハリトーノフもコマンド・サンボの使い手だ。
次にブラジリアン柔術は日本の柔道を改良したモノではあるが、一説には
戦場で兵士の死体を解体して、関節の仕組みを研究して創られた技術とも言われている。
その匠同士が対決する!
特徴として、サンボは足関節を得意とする。
柔術は足関節が禁止なので、柔道と同じく抑え込みや襟を使った絞め技を得意とする。
試合はタックルに行くコピィロフをスペーヒーが潰す。
スペーヒーがひたすら、抑え込みパウンドを打ち込み4点ポジションからの膝を打ち込む。
コピィロフは為すがまま、形勢逆転を狙うが中々下から抜け出せない。
中盤、スペーヒーが寝た状態のコピィロフにサッカーボールキック!
コピィロフはその次の足をキャッチするが、スペーヒーは慌てて脱出。
コピィロフが口を切り、ドクターチェック。
ドクターが試合を止める。
呆気ない幕切れ..
口を切っただけで、続行不可能??
余りにも違和感があったので、調べると
何と!スペーヒーはコピィロフの寝技を恐れる余り、身体中にオイルを塗っていた!!
まぁ あくまで噂だがw
見返すと、確かにスペーヒーの身体はテカテカしコピィロフがやりにくそーにしてたのは
滑っていたのか? しかし、リングイン前にサブレフェリーが身体チェックをしてるはずなので
考えにくい..
どっちにしろ、不透明な結果だ。
で、次は去年のK-1 山崎vsゴンナパー
こちらは立ち技で、肘無しのK-1ルール。
向かい合った両者は、一回りくらい体格差がある。
ボクシングで言えば、1~2階級は違う..
ゴンナパーは同門のゲーオが怪我したので、急遽1週間前にオファーを受けたのだ。
対するは自分より上背があり、準備万端の日本人・山崎。
しかし、そんな懸念もふっ飛ぶ。
強烈なミドル、身体ごと持っていく様な渾身のローで山崎をメッタ打ちにするゴンナパー。
初回、カウンターのパンチでダウンを取られたが
パンチでダウンを取り返し、その後はゴンナパーの独壇場。     
ローで足を潰す、山崎がローを警戒すれば
パンチを打ち込む、ミドルを叩き込む。
あれだけ腰の入った強い蹴りなら、ガードしてる腕ごと壊してしまう。
更には、変則的なジャンピングの前蹴りや左右のハイで山崎を翻弄する。
足も、腕も 全てを破壊し尽くす様な猛攻。
山崎は防戦一方 立っているのがやっとだ..
急遽の代役だったゴンナパーが完全に山崎を喰った。
たった 3R 9分間でこれだけの破壊力は凄まじい。
KOは逃したものの ゴンナパーは無理をせず
山崎をただ 激しく 破壊した。
これがゴンナパーの庭場 ムエタイルールなら?
5R制で 肘有り 首相撲有り。
きっと 山崎は 顔を切り裂かれ 幾度もコカされ
ズタボロになっていたやろーw
解説の魔裟斗は 『山崎、怪我してるなー 大丈夫かな~?』
と、言っていた。
骨折や、ヒビ割れならまだいいが
靭帯をやってしまえば、長期の欠場は歪めない。
観客はゴンナパーに惜しみ無い拍手を送っていた。
準備万端ながら情けない姿を晒した日本人・山崎と
急遽代役で凄まじい激闘を見せたタイ人・ゴンナパー。
俺は嬉しかった。
ホームもアウェイも関係無く、勝者をちゃんと評価し敬意を表す観客が、日本人が。
一気にゴンナパーのファンになったが、次は野杁とやって欲しいw
対日本人無敗のゴンナパーの隙を唯一、突けそうな野杁正明
際での飛び膝や三日月蹴り、カウンターの細かいパンチで。
万が一、負けても まだ、日本にはキック史上
最高の逸材・那須川天心が居る。
ムエタイの壁はブ厚いが 日本の壁も高い。
山崎~野杁~那須川 三人に共通するのは
バックボーンが 空手道。
空手にはムエタイのリズムには無い 変則的な蹴りや強い突きがある。
それをゲーオやゴンナパーに繰り出し、勝てる日本人に注目したい。
格闘技はオモロイ♪
生きる事は 戦いやから。

  • 終 -