幻日 ~ 翡翠の花。

日々の想いや出来事、過去の話やエピソードを綴る。 28才、男の REAL な叙情詩。一語一句を読み逃すな。

悪徳鍵屋の話

ボーっとしてたら

思いだしたので 記したい。

今年の春頃 仕事終わって 買い物終え

家に帰ると 鍵が無い..

バックを漁り 何回もポケットを探ったが

見つからん..

何時もは長財布に 鍵を入れるが

その日の朝は急いでて 煙草の箱に入れた気がする..

煙草の箱を覗くが 勿論、無い

完全にやらかした..

今まで 鍵を無くした! と 思った事は

何度かあるが 全部 見つけてきた。

しかし 思い出す スペアキーがあるやんけ!!

スペアキーは 家の中にある. .

部屋は二階で マンションの造り的に

一階から 登れん様になってる。

うーん とりあえず 不動産屋に電話するが

俺が鍵を二本持ってるので 無いとの事。   

鍵をブチ壊せば 入れるが

また 後に 新しい鍵が

必要になるし 金も掛かる。。

俺は 重たい身体を引き摺り 職場に戻る

けど 鍵は見当たらないし 聞いても

落ちて無かったらしい..

仕事帰りに立ち寄った 公園を 覗いたり

スーパーにも電話したが やっぱり 無い。

日も暮れ 身体が 冷えてきた そして 

動き回った 疲れからか 眠い。。

次の日は休みで 時間はある

ツレや知り合いに 電話しよーと

思ったが 平日やし 何となく

気が引けた。

とりあえず 漫喫へ

飯を食い スマホ充電しながら 

PCで 色々、鍵屋を調べた。

ネット上には 詐欺被害や 苦情の声が

集まってるw

俺は慎重に選び メモをして

未明 漫喫を出て 家の方向に向かいながら

電話しまくった。

大体の会社が 4万5千~7万円 と 言ってくる。

値段の幅は 実際に 見て 開けてみなければ

解らないと 言う..

初めて 鍵屋を利用しようとしたが

高い! 高すぎるっ

しかし 開けなければ 家には入れないし

壊せば 鍵交換代で 数万円~ 掛かる。

俺は一つの鍵会社に 見積りに 来てもらう事に

した。

マンションに着き 朝方の 玄関の前に 座り込む。

すると 作業員 到着 40半ばのオッサンやった

鍵穴を見て 『このタイプは五万五千ですね。』

とか 抜かしてくる。

よく見たら どことなく 胡散臭いオッサン

俺は値切ってみたが ダメで 断り

帰ってもらった。

俺はケチなので 少しでも 安い方が 得や

という 考えがある。

また 違う会社に電話し 見積りに来て貰う

春とはいえ 朝方は冷える。

このドアの一枚向こうに 行ければ

暖房ガンガンの部屋で 酒を呑み つまみながら

くつろげるのに。。

俺は 面倒臭くなってきた

もー五万~七万位 かかっても しゃーない

自分が悪いし 今は早く 休みたい..

ヤケクソになりながら うとうとしてたら

電話が鳴る。

電話した 鍵屋から

『今 近くに来てるんすけど~ マンションの色って何色っすか?』

電話の相手は若い そして 口調が軽いっ

多分 俺と同年代くらいか 電話口からもー

胡散臭いw

「クリーム色やけど。」

『すんません 多分合ってると思うんすけど マンションの前まで 迎え、来てもらえます?』

「え? マンションの前まで来てるんやろ?
そこの○●号室の前に来てくれるかな?」

『だから~多分合ってるんすけど、間違ったらいけないんで迎え来て貰います?』

最初に電話した時から 感じていた

怪しさが 確信に変わった

そして 疲れと不眠からか イライラした。

「意味解らんわ マンションの前まで来てるなら
部屋の前まで来てくたらええやろ。」

『え 何すか その言い方。 そんな事いうならもー鍵開けませんよ 俺、帰りますよ?』

「おー帰れ もーええわ。」

すると ソイツは 本性を 表したw

『じゃー帰るわ そんなん言うんなら 二度と 今後ウチの会社に頼むなよ!』

「誰が頼むか ボケ!!」

電話は切れたw

ネットで 調べ直したら

街の小さな鍵屋は 安いらしー という結論に

辿り着いた

近所に 2件程 あった。

しかし 営業時間は 朝九時から

まだ 朝の五時台..

でも 胡散臭い大手の鍵屋に ボッタくられるよりは

断然 マシや。

俺は時間を潰す為 一円玉や チャリの鍵で

開けよーとしたが やっぱ ムリで

仕方なく ベンチのある公園へ 移動した。

明るくなり 眩しいから タオルを顔に乗せ

寝よーとした。

しかし 横切る車や 登校する 小学生の声で

中々 寝れんし

多分 若手のホームレスやと 思われたやろなw

何とか 仮眠し 充電切れ寸前のスマホ

電話をかける 一軒は繋がらず..

次の一軒で 事情を話す 信用出来そうな声の 

お爺ちゃんやった。

何と 1万以下で イケるという

「ホンマですか!?」

『まぁ実際みらんと 解らんけどね、多分イケますよ。』

今から 30分後に着くとゆーから

再び 玄関前に 座り込み スタンバイw

来たのは 70過ぎ? の ヨボヨボのお爺ちゃん。。

大丈夫かいな..

お爺ちゃんはてこづりながらも 10分くらい

で 開けてくれた。

「開いたなー ナンボですか(問題はここ、気は抜けん。)?」

『8800円やね。』

安っ 胡散臭い大手の 5分の1以下であるw

俺の 粘り勝ちやなww

諦めんで 良かった!

気分良く 万札を支払い お釣りを貰い

礼を言って お爺ちゃんを帰し

丸1日ぶりに 部屋に入り 酒を呑み

爆睡したw

そんな話。

  • 終-

新地~逆襲

木曜 一番、好きな日

深夜 寝れない

変に高ぶり 妙な自信が

今なら 今日から..

イケる気がする。

全部 取っ払って

我が道を 只 邁進する

怖いモンは 何も無い

嘘じゃない 偽りじゃない

ホンマの 本心。  

何かが 変わった

何かが 変わる 

何かが 芽生えた。

自信の無い人間は

自慢や 虚勢に 走る。

俺は 只 静かに 事実を

確認したい。

相手の眼を 真っ直ぐに 自然に

見つめる 

そして

見据える。

11の月と 9の日

始まる 始める

一回しか無い この道の上。

退かず 逃げず 逸らさず

探す 真実。

まやかしは もーいらない

綺麗言も 聞きたない

行く 道 行ける 漢。

とことん やる

半端じゃ 通じん

半端じゃ 敵わん 

咲かす 大輪

泥だらけの 蓮の花。

  • 終-

雷鳴~金曜の夜

買い物や用事 終わり 一段落。

ちと 思い出し 頭を過り 回想。。

過剰な 闘争心

それは 生まれ持った 性格やなく

大人に 成ってから 培われた 性質

大阪の下町 輩が 蠢き 闊歩する街

昭和の色を 色濃く 残し

トラブル 揉め事 日常茶飯事

どーしよーも無い 街で

暮らすにつれ 俺は変わった

イヤ 変わらざるを 得んかった

それでも あんな街で 生まれた DRAMA

六年、経った 今も 鮮明に 

色んな 事を 覚えてる。

夕暮れ 自殺志願者が 投身自殺

踏み切りには 肉片が 散乱してた。
 
終電後 東口に現れる ヤ●を捌いてた

中年も 何時の間にか 消えた。

西口で事件 被害者は 後輩の女

連れ回される 子供 罵声を浴び

泣きじゃくる.. 虐待の現場。

雨降る夜中 ズブ濡れで 立ち尽くす

怪しい 男。

行きずりの女 重ねた 身体

ベロベロに酔って 無礼講 喧嘩沙汰 

気付いたら 公園のベンチで 寝てた

横には ツレがいた。

胡散臭い 居酒屋 占いが出来る 某店長

言われた 『お兄さんはお酒で失敗するので

気をつけて下さい。』

日を跨ぎ 酔って  大喧嘩

当たってた 結果。

飛んだ後輩 俺も 今は あの街に 居ない。

閑静な 住宅街 隣町 

白昼堂々 主婦の首 包丁 刺した犯人

殺人容疑 でも 未だに 付いとらんアシ

真冬の昼間 絶景に見えた 雪景色

増してく、痛み 意地でも 行かんかった

医者 何も手付かず 地獄の様 

やった 3days.

何時もの運動公園 走り込んで 先輩と行った

正月 真夜中のデニーズ。

美しくないモンに出た 拒否反応

結局は慣れか? イヤ

慣れるモンと 慣れんモンが 有る。
 
出来たら 帰るわ 正月

初詣 あの 大社。
 

~終~

事案 ~ 月曜

嘘偽りない        

雑じり気 無し

紺碧の 道を。

せわしない

台風 直撃 週末

続いた 空白

目覚め悪く 起きて

鼻炎 鼻水 orz.
  
風邪 引くなや 

過剰な 闘争心

極端な 性格

0 か 100 か

アホな 心情 後の 祭り

貰う おしぼり 順番は まちまち

暗い道 道、往く 寂しげな背中 

辿る帰路 待ってんやけど..

紅い、夕暮れ 見る事、出来ず

夜行性 性分 何分 過ぎたか

解らん 麻痺する 感覚

アルコール ガソリン代わり

アイツ まだ、してない 声変わり

企む計画 間に合ったら ええって

口だけは 畜生以下やって

未来に向かう 分刻みで

劣悪な現場 NO で

自分で決めるよ

環境は。

~終~ 

I WILL RETURN.

I WILL RETURN

GOOD TRIP & GOOD TRAVEL.

長く 続いた 雨が 上がった。

向かうスーパー 昨日に引き続き

半額弁当 と 安物のビール

変わらない 何時もの味に 僅かな 安心感。

雨のお陰で 運動不足

鈍る身体と 軋んだ音。

余分に 水分を 吸収した 大地

光る 草木 ヒンヤリした 川沿い。

飛んでく鳥 捨てられた

骨組みだけの ビニール傘。

只 歩く 歩幅を 確認しながら

疎らな街灯 ボンヤリ 輝く 橋。

何時もの RUNNER も 今日は 居ない

奥に 佇む LAWSON の 看板。

走る 大型トラック と か細い畦道

カメラよりも 写メよりも

瞼に焼き付けた 風景と

心情。

~終~

桃源郷 ~ 夜明け

連休、突入!

昨日は 会社で 笑い合ったり 凹んだり

毎日 色んな事が 起きて

人生は 辛いとか 楽しいとか

感じる 日々。

日付が変わり GEOに 返却へ

外に出たら 雨が降ってる..

行きたくなくなったけど 延滞になったら

面倒臭いから イライラしながら

傘を差し ペダル、踏み込む。

こんな田舎では この時間帯に

歩行者は ほぼ、 居ない 行き交う車も 疎ら

返却し 帰り道 傘を差し 歩道橋を下る。

加速し 雨に濡れたタイルに タイヤが

滑り 横転する。

アァー!

怪我は無いが ただただ、ムカつく。

更に 好きな 24hスーパー へ 向かう。

深夜の スーパーの スーッとした

空気感が 好きで 買い物を済ますと

雨は上がってる 一気に 上機嫌♪

短い冒険を 終えて

自宅に着いたら 清々しさを感じたw

まぁ この先 何があっても もう

退きたくない。

例え 自分が 間違っていたとしても

突っ切る この道。

あの日から 生まれた時から

もう U-TURN 出来ん この道。

無駄を削り切った 存在が  完成形が

BOXER だと ある人が 云った。
 
ならば 其処に 近づくしか 無い。

今日は 久しぶりに 意味も無くw

丸一日(昨日から) 起きる!

夜は ガッツリ ロードワーク&トレーニング!!

もっと 自分を 追い込みたい 

もっと 自分を 高めたい

もっと 自分に 期待したい

もっと 自分を 好きになりたい♪


~終~

幻影の朝 雨上がりの夜

未明 買い物へ

登る 坂道

好きな Sunnys.

独占状態の 店内

好きな レイアウト  
 
レジ 済ませ 

向かう 帰路。

澄みきった 空気

昇る 陽

紫を帯びた ORANGE に

染まる 空。

久しぶりに   

朝が 美しい と

感じた。

朝が 素晴らしいと

知った日。

何分 夜行性なので..

朝を忌み嫌っていたがw

たまには いいな♪

夜 雨上がりの RUNNING へ

少し 冷える 川沿い

濡れた アスファルト と タイル

睡眠不足からか? コンディションは悪い。

脚が重い ゆっくりで 良い

大事なんは SPEED よりも 続ける事。

何時に無く SLOW たまに歩き

また 走る。

そう 自分の身体と 会話してる

感じっ
 
風呂入って 

BEER!!

  • 終-