読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幻日 ~ 翡翠の花。

日々の想いや出来事、過去の話やエピソードを綴る。 28才、男の REAL な叙情詩。一語一句を読み逃すな。

格闘技について。

今回は格闘技について、書きたい。
格闘技は大好きで、自身も空手(極真・伝統派)
ボクシングをしていた。
だから、知識や経験はそれなりにある。
最近 Youtube を見ていたら
大分、前の試合動画に行き着いた。
それがメチャクチャ、面白かった。
アンドレイ・コピィロフvsマリオ・スペーヒー
コピィロフはコマンド・サンボの達人で
スペーヒーはブラジリアン柔術の達人。
まず、サンボには二種類有る。
スポーツサンボはロシアの国技であり、子供が多く習う競技だ。
コマンド・サンボは旧ソ連の戦場の使われた実戦的なロシアン・武術。
元々、ミリタリーも好きなのでコマンド・サンボ(別名・システマ)には興味がある。
あのヒョードルハリトーノフもコマンド・サンボの使い手だ。
次にブラジリアン柔術は日本の柔道を改良したモノではあるが、一説には
戦場で兵士の死体を解体して、関節の仕組みを研究して創られた技術とも言われている。
その匠同士が対決する!
特徴として、サンボは足関節を得意とする。
柔術は足関節が禁止なので、柔道と同じく抑え込みや襟を使った絞め技を得意とする。
試合はタックルに行くコピィロフをスペーヒーが潰す。
スペーヒーがひたすら、抑え込みパウンドを打ち込み4点ポジションからの膝を打ち込む。
コピィロフは為すがまま、形勢逆転を狙うが中々下から抜け出せない。
中盤、スペーヒーが寝た状態のコピィロフにサッカーボールキック!
コピィロフはその次の足をキャッチするが、スペーヒーは慌てて脱出。
コピィロフが口を切り、ドクターチェック。
ドクターが試合を止める。
呆気ない幕切れ..
口を切っただけで、続行不可能??
余りにも違和感があったので、調べると
何と!スペーヒーはコピィロフの寝技を恐れる余り、身体中にオイルを塗っていた!!
まぁ あくまで噂だがw
見返すと、確かにスペーヒーの身体はテカテカしコピィロフがやりにくそーにしてたのは
滑っていたのか? しかし、リングイン前にサブレフェリーが身体チェックをしてるはずなので
考えにくい..
どっちにしろ、不透明な結果だ。
で、次は去年のK-1 山崎vsゴンナパー
こちらは立ち技で、肘無しのK-1ルール。
向かい合った両者は、一回りくらい体格差がある。
ボクシングで言えば、1~2階級は違う..
ゴンナパーは同門のゲーオが怪我したので、急遽1週間前にオファーを受けたのだ。
対するは自分より上背があり、準備万端の日本人・山崎。
しかし、そんな懸念もふっ飛ぶ。
強烈なミドル、身体ごと持っていく様な渾身のローで山崎をメッタ打ちにするゴンナパー。
初回、カウンターのパンチでダウンを取られたが
パンチでダウンを取り返し、その後はゴンナパーの独壇場。     
ローで足を潰す、山崎がローを警戒すれば
パンチを打ち込む、ミドルを叩き込む。
あれだけ腰の入った強い蹴りなら、ガードしてる腕ごと壊してしまう。
更には、変則的なジャンピングの前蹴りや左右のハイで山崎を翻弄する。
足も、腕も 全てを破壊し尽くす様な猛攻。
山崎は防戦一方 立っているのがやっとだ..
急遽の代役だったゴンナパーが完全に山崎を喰った。
たった 3R 9分間でこれだけの破壊力は凄まじい。
KOは逃したものの ゴンナパーは無理をせず
山崎をただ 激しく 破壊した。
これがゴンナパーの庭場 ムエタイルールなら?
5R制で 肘有り 首相撲有り。
きっと 山崎は 顔を切り裂かれ 幾度もコカされ
ズタボロになっていたやろーw
解説の魔裟斗は 『山崎、怪我してるなー 大丈夫かな~?』
と、言っていた。
骨折や、ヒビ割れならまだいいが
靭帯をやってしまえば、長期の欠場は歪めない。
観客はゴンナパーに惜しみ無い拍手を送っていた。
準備万端ながら情けない姿を晒した日本人・山崎と
急遽代役で凄まじい激闘を見せたタイ人・ゴンナパー。
俺は嬉しかった。
ホームもアウェイも関係無く、勝者をちゃんと評価し敬意を表す観客が、日本人が。
一気にゴンナパーのファンになったが、次は野杁とやって欲しいw
対日本人無敗のゴンナパーの隙を唯一、突けそうな野杁正明
際での飛び膝や三日月蹴り、カウンターの細かいパンチで。
万が一、負けても まだ、日本にはキック史上
最高の逸材・那須川天心が居る。
ムエタイの壁はブ厚いが 日本の壁も高い。
山崎~野杁~那須川 三人に共通するのは
バックボーンが 空手道。
空手にはムエタイのリズムには無い 変則的な蹴りや強い突きがある。
それをゲーオやゴンナパーに繰り出し、勝てる日本人に注目したい。
格闘技はオモロイ♪
生きる事は 戦いやから。

  • 終 -